肩こりと身体の歪み 三ッ沢、神奈川区の肩こり治療

皆さんが知っている一般的な治療院では、肩こりの場合、その場所に電気を流したりマッサージをしたりストレッチをしたりしますよね。しかし、これでは一時しのぎに過ぎず、早ければ30分後には元に戻ってしまいます(笑)。神奈川反町接骨院では身体の不調は歪みにあると考えているので、肩こりの原因である骨盤や背骨のゆがみにたいして、直接アプローチする施術を行います。 施術後は体のめぐりが良くなり、たった一回の施術の効果に驚かれる方がほとんどです。

広告

心臓の基礎知識 反町、東神奈川、三ッ沢の腰痛肩こり治療

心臓の仕組み

心臓は握りこぶしより少し大きい位の筋肉の袋で胸の中心よりやや左に位置しています。中央の厚い筋肉壁(中隔)で左右に分かれそれぞれが上部(心房)と下部(心室)にわけられています。心房と心室の間には拍動に合わせて開閉する弁があり血液の逆流を防ぎます。左側の弁には尖った部分が二つあることから二尖弁(または僧帽弁)と呼ばれ、尖った部分が三つある右側は三尖弁と呼ばれています。聴診器で『ドックン、ドックン』と聞こえる音は弁の開閉する音なのです。心臓のかべは心臓特有の心筋で出来ており筋繊維は連結しあって網状になっています。酸素や栄養が十分なら特に刺激を与えないでも自動的にリズミカルに収縮し、心臓自体が持っている『ペースメーカー』が心臓の右側と左側をそれぞれ心房、心室の順に収縮させます。このペースメーカーは右心房の壁にある特殊な細胞(洞房結節)で両方の心房を収縮させるのです。心臓の内側はなめらかな心内膜で覆われており、また心臓自体は心外膜に包まれ膜の外部は心臓がスムーズに動けるように潤滑油の役目をしている液体の入った薄い心外膜腔となっています。

心臓の働き

もっとも大切な役目は全身に血液を送ることです。これを『循環』と言います。

①酸素やブドウ糖と供給する

②体の組織を修復する物質わ運ぶ

③二酸化炭素等の老廃物の除去

④細胞活性の為に酸素をを運ぶ

これらの大事な役目を担っているためたとえ数分止まっても死につながることがあります。

心臓の病気

①狭心症

心筋に血液を送る冠動脈の狭くなった部分に血栓(血の塊)が詰まり血液の流れを止めてしまうもの。

②心筋梗塞

冠動脈が動脈硬化等で狭くなった部分に血栓が詰まり血液を止めて心筋を壊死させるもの

③心筋症

心筋の細胞に変化が起き心臓の壁が厚くなったり薄くなったりするもの。原因は不明

④弁膜症

三尖弁、僧帽弁、肺動脈弁、大動脈弁のいずれかに異常がでるもの。症状は直ぐには出ない。

⑤心内膜炎

心臓の内側の内膜が炎症を起こすもの。原因は細菌やウイルス感染。

➅心不全

心機能が低下し身体の臓器や組織に血液を送り出せなくなった状態。状態が重い場合は入院が必要。

心臓の病気予防

日頃の日常生活が大きく影響すると言われております。(喫煙、運動不足、肥満、高コレステロール)適度な運動は冠動脈疾患の予防に効果的です。運動は心筋が鍛えられ心拍出量も増えるという研究結果もあります。規則的な運動、脂肪分の少ない食生活、禁煙、適度な飲酒といった生活をすれば危険性は非常に小さくなるでしょう。

本当の幸せとは              反町三ッ沢東神奈川腰痛治療

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。

メキ シコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも 活きがいい。

それを見たアメリカ人旅行者は、「すばらしい魚 だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。

旅行者が 「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろう ね。おしいなあ」と言うと、

漁師は、自分と自分の家族が食べ るにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者 が聞くと、

漁師は、「日が高くなるまでゆっくり寝て、それか ら漁に出る。

戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタし て。

夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をう たって…ああ、これでもう一日終わりだね」

 

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間と して、きみにアドバイスしよう。

いいかい、きみは毎日、もっ と長い時間、漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。

お金 が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、 儲けも増える。

その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくん だ。やがて大漁船団ができるまでね。

そうしたら仲介人に魚を 売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を 入れる。

その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシ ティに引っ越し、ロサンゼルス、

ニューヨークへと進出してい くだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮 をとるんだ」

 

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

 

「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」

と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高 くなるまでゆっくり寝て、

日中は釣りをしたり、子どもと遊ん だり、奥さんとシエスタして過ごして、

夜になったら友達と一 杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。

どうだ い。すばらしいだろう」